パイロット・ホエール(コビレオキゴンドウクジラ)のメッセージ

以下の6枚の写真はツアー中に私が遭遇したパイロットホエールです。

左に写っているのは私です。彼らの神秘的な世界に招かれて泳ぐ、至福の体験・・

pilot1-1.png
光の中で優雅にダンスする

pilot2.png
頭をツンツン突き出してご挨拶

パイロット・ホエールは私の大好きなクジラです。
もしまた地球に生まれ変わるのなら、
ベルーガの次に、パイロット・ホエールとして生まれ変わりたいです♪

≪パイロット・ホエールの動画≫
魂に響く彼らのサウンドをお聴き下さい♪UFOが出す音のようにも聞こえます。

2001年に彼らと2度泳ぐという機会に恵まれましたが、
それは私の人生で最も素晴らしい体験の一つです。
あまりにも美しく、神聖で、優しく、
彼らの世界に招かれた時はまるで別の世界へ入ったかのようでした。
神はこの様な美しい生き物を創られたと思い、
深い感謝と畏怖の念に満たされました。

2004年7月1日のボート・トリップではパイロット・ホエールの群れに出会い、
親密な交流をしました。
彼らはのっぺりとした頭をつんつんと突き出して、
とても愉快でユニークなやり方で私たちを歓迎してくれました。
明らかに私たちを意識して、遊び心をもって挨拶をしてくれました。
恐らく10頭くらいのパイロット・ホエールに囲まれました。
彼らはとても長い間私たちと共に過ごしてくれました。
小さなベイビーもいて、お母さんのそばから恥ずかしそうに挨拶してくれました。
最後には、大きなオスのパイロット・ホエールが
ずっと私たちのボートの隣を泳いでくれました。
優しくも力強いエネルギーを感じ、
信頼に関するとても大切なメッセージを受け取りました。
それぞれの人が、彼らからの大きな愛を受け取り、
私たちは感動の渦の中にいました。
以下のようなメッセージを彼らから受け取りました。(2004年7月14日)
*******************************

親愛なる地球の同朋であるあなた方へ
ハワイ島であなた方と出会えて、私たちも嬉しかったです。
地球に、あなた方のような人たちがいるというのは、
これからの未来に希望が持てることです。
あなた方はオープンで遊び心に満ち、未知の領域へ入ろうとしています。
私たちは、その多くの人にとっては未知の領域、とても神聖なスペースを保持し、
そのバイブレーションを保ちながら海を回遊しています。
あなた方と長い間交流できたのは、
私たちにとっても大きな収穫であり、ギフトであり、光栄なことでした。
私たちの、頭を突き出す行為を多いに楽しんでもらえて嬉しく思います。
私たちはまた、とてもユーモアのセンスを持っているのです!
そして、どれだけ我々があなた方に好意を持っているか、示したかったのです。

私たちは、今の地球より進化した星からやってきました。
私たちのことを長老(エルダー)と呼ぶものもいます。
その星の住民は皆、地球の進化を気にかけ、見守っています。
皆、宇宙の兄弟姉妹、同朋であるからです。
私たちはエネルギーに対してとても敏感です。
私たちは、私たちのエネルギー、バイブレーション、
愛を受け取る準備ができていないものに対しては、
あの様な行為はあまりすることはありません。
だから、多いに受け取ってください!
私たちの歓迎の心に満ちた愛を、喜びを、そして未知の領域のバイブレーションを。
そのバイブレーションは宇宙の中心から来るものであり、
これからどんどん地球に注がれ、定着していくでしょう。
そして、やがて愛と平和の法に基づく新しい文明が地球にもたらされるでしょう。
私たちはそれを見守っています。
そして、このとても重要な時期にあなた方と会えたことを嬉しく思います。
私たちの愛とバイブレーションはいつもあなた方のハートの中にあります。
静かにして私たちと繋がると、それを感じることができるでしょう。
それはあなた方のハートを、更に高いバイブレーションへと開くでしょう。

私たちが地球に来ることを志願し、配置されたのは偶然ではありません。
そして、あなた方と会えたことも。

宇宙の祝福が常にあなた方にありますように
海にいるあなた方の友より、愛を込めて
*********************************

2013年に入ってから、頻繁にパイロットホエールが夢に現れます。
それも、集団で。
とても幸せな気分になります・・・♪
「リーダーシップ」というメッセージを持っているようです。
けれども、今までのリーダーシップの概念とは違うようです。
メッセージを受けとったらアップします。

whales.png

*********************************
2013年の誕生日の夜、こんな夢を見ました。
たくさんのパイロットホエール(コビレオキゴウドウ)が座礁しようとします。

私が海岸から海に向かって右手を上げると・・
まるでモーゼが紅海を分けたように海が分かれ、
海水が勢いよく、沖へと流れていきます。
それによって、座礁しようとしたパイロットホエールが
沖へと流されて海へ帰っていきます。
(正直、これには驚きました。
夢を見ている私は、自分が何をしようとしているかわかりませんでした。
でも、それだけ私たちの想い、意志の力は強いのだということを感じました。
それを教えられました)
それでも、海へ帰りそびれた何頭かのパイロットホエールがいて、
数名の人たちが抱えて海へ返してあげました。
すべてのパイロットホエールが救われました。

イルカとクジラはよく夢に現れて、
私に、そして人類に何が起こっているか、を伝えてくれます。
私はこの夢を見せられました。

人類の行方は、私たちの手中にあるということ、
そのために私たちの想いと意志を、意識的に使うことが大切である、
ということを教えられました。

自分が本当に求めているものは何なのか。
本当に望んでいることは何なのか。
それを問い掛けることが大切であると思います。
過去のプログラミングに動かされて、無意識的に生き、
同じことを繰り返すのではなく・・
本当の意味で「生きる」時です。

イルカとクジラの魂は、人類の魂と密接につながっています。
イルカやクジラが座礁するなどして地球を離れるか、
または人間に近づいてくるかどうか、ということが、
人類の進化の行方を示唆していると、サイキック・チルドレンは言っています。
言葉を変えると、人類が集合的に何を選択し、
どこへ向かおうとしているか、ということを示唆しています。
もっと簡単に言うと、
人類が集合的に愛を選択しているのか、恐れを選択しているのか。

アメリカの海軍のソナー訓練により、
何百頭ものイルカとクジラが座礁したりして死んでいます。
大きな地震の前には、何百頭ものイルカとクジラが座礁して死ぬことがあります。

イルカとクジラは、命は破壊されることはなく、永遠であるということを知っています。
そして、身を持って、人類に何かを訴えかけようとしているのではないでしょうか。
イルカとクジラが本当に地球からいなくなってしまうと、
彼らが保つ高い意識と愛の周波数が、この地球からなくなることになります。

ただし、何事も否定的に考えないで、一人一人が目の前のことに対して、
愛を選択していくことが最も大切であると思います。
まさに、外ではなくて、内側へ向かうのです。
外を変えようとするのではなくて、自分自身を見つめる、ということです。
そして、自分の本質を思い出すことです。
無限の愛、無限の光、無限の豊かさ、無限の可能性。それが命の本質です。
そのために・・それを曇らせてきたものを手放すことです。

古い世界は消え去ろうとしています。
新しい世界は、すでに現われつつあります。
新しい世界の「完璧な聖なる計画」は進行しています。
地球・人類を愛する多くの存在たちが、そのヴィジョンを保持しています。
そして地球・人類を支援しています。
私、マリエル朋子もそのために今の地球にやってきました。
そのヴィジョンを実現させ、計画を実行するのは、私たちなのです。

古い世界に対する執着や、新しい世界や生き方に対する不安や恐れを手放し、
自分を、そして宇宙を信頼し、自分自身と地球、
すべての存在にとっての最高のヴィジョンを思い描き続けましょう。
豊かで明るく平和な世界のビジョンを描き続けましょう。

ロシアのタイガの森に住む孤高の美女、アナスタシアは、
一切の所有物を持たず、服も一切必要とせず、住居もなく、お金も必要なく、
生まれた時から宇宙・自然・動物たちに育てられました。
そして、超常的な能力と知性、深い愛を持っています。
彼女が、「欲しいものはないの?」と聞かれたとき、
「なにもない。宇宙はすべてを与えてくれているから」と答えます。

私たちが本当に豊かに、幸せに生きるために必要なものは、
すでにすべて与えられているとしたら・・
でも、違うところばかりを探していたとしたら・・

意識がすべて。意識が鍵です。
宇宙の愛と豊かさと一体となり、すべての苦しみ、欠乏感、分離を終わらせる・・
そうすると、本当に素晴らしい世界が現われるでしょう。

今と言う時代は、チャレンジに満ちていますが、
飛躍的に成長するチャンスの時代でもあります。
共に、制限という幻想を超えて、私たちの本質である無限性を思い出し、
すでに私たちのものである、
聖なるヴィジョンを地上に実現することができますように・・

これを読んでいるあなたの聖なる目覚めのジャーニーが
楽しく優雅なものでありますように・・

ちなみにこのような記事がありました。
「2011年05月22日には、スコットランド沿岸で100頭を超える大量のクジラ(マリエル:写真で見るとパイロットホエールのよう)が座礁、全滅の危機に迫っていた。ゴンドウクジラは群で協力して身を守る性質を持っており、傷ついた仲間が一匹でも岸に残っていると、群全体が岸にとどまってしまうので、すべてのクジラが座礁したまま衰弱して死んでしまう危険性があるという。」

⇒私が好きな言葉「一人は全体のために、全体は一人のために」 
  泣かせます~~(ToT)


イルカ・クジラのメッセージへ戻る


このホームページリンクフリーです。下のバナーをお使いください。リンクの際はメールでご連絡下さい。

このサイト内のコンテンツを許可なく2次使用、転載することは、原則としてお断りいたします。

Copyright © Stella Maris All Rights Reserved.WEB